大人ニキビの治療はまず、洗顔から

思春期に出来るニキビと違って、20歳を超えたらニキビも吹き出物と呼び方が変わり、区別されるようになりますね。
この大人ニキビと思春期のニキビ、ただ出来る年齢によって区別しているとしか思っていない方が多いようですが、
その原因も治療の仕方も少し変わってきます。

 

ニキビができる原因は過剰に分泌された皮脂が毛穴を塞ぐせいだという事に変わりはありません。
でも、その皮脂が分泌される原因は思春期時代はホルモンバランスが乱れるせいであり、
20代を超えてからは「乾燥」が原因の場合が多いのです。

 

適度な皮脂も必要

 

乾燥が原因で皮脂が分泌されるって不思議ですよね。
でも、適度な皮脂は
肌を外的刺激から守ってくれるバリアとして必要です。

 

何らかの理由で肌が乾燥してしまうと、
それを補うためにより多くの皮脂が分泌されてしまうのです。

 

そして、そもそもその肌が乾燥してしまった原因を考えると、
大人ニキビは思春期時代とは違う治療法を
行わざるを得ないことに気がつくはずです。

 

界面活性剤のデメリット

石鹸1つで髪から体まで洗ってしまう男性は結構いますが、女性はそうはいきませんよね。
思春期の頃からいろいろな洗顔料を試してきたはずです。

 

そして、その洗顔料の多くに「界面活性剤」という成分が含まれており、これは長期間の使用で肌細胞を劣化させたり、
洗浄力が強いあまりに必要な皮脂まで取り除いてしまったりします。

 

この界面活性剤の作用によって作り上げられた乾燥肌、
そして年齢を重ねるごとに劣化していく肌機能の衰え、このまま放っておいて良いわけはありません。
大人ニキビを治療するためには、まずこの乾燥肌を治療してやらないといけないのです。

 

乾燥改善

 

まずは洗顔料。その界面活性剤が含まれた洗顔料はもう卒業して、
天然クレイなどの肌に優しい洗顔料を使うようにしましょう。

 

エステやパックでもおなじみの天然クレイは、
肌の汚れや皮脂をしっかり吸着する性質を持っていますが、
必要以上に潤いを奪う事はありません。

 

モンモリロナイトのように、むしろ潤いを補ってくれる物さえあります。
乾燥気味のお肌には、これが何よりの治療薬です。

 

そして洗顔の時はあまり肌をゴシゴシこすらないようにしましょう。
今までの洗顔料は泡立ちも良く肌触りもソフトだったので、
ついついしっかり汚れを落とそうとこする癖がついているかもしれません。

 

ですが、天然クレイはその粒子自体がとても細かく、
泡立てなくても毛穴の奥にまでしっかり入ってその汚れを吸着してくれます。
肌をこすればこするほど乾燥肌も老化も進んでしまいますから注意してくださいね。

 

大人ニキビを治療するためには、皮脂を落としすぎずに上手に残すことも大切です。
それを上手にコントロールしてくれる洗顔料は、ぜひしっかりと選びたいアイテムですね。
見かけの泡立ちの良さやパッケージに惑わされないで、しっかりとしたこだわりを持って選んでくださいね。